その他の体質トラブル

アレルギーや冷え性、口臭でお悩みのあなたに青汁にはたくさんのビタミンやポリフェノールが豊富に含まれています。これらの栄養素は免疫力を上げたり、血行や新陳代謝を促進したりと嬉しい効果がたくさん。よって、アレルギーや冷え性といった症状への予防効果も期待されています。また、青汁には口臭を抑える成分が入っているものもあります。

青汁がアレルギーと戦う!

アレルギー症状は体質の問題です。体質を簡単に変えることはできません。
ただ、体質にも先天的に受け継いだ体質と、後天的に出来上がってしまった体質とがあり、後天的なものであれば、食生活を始めとした生活習慣の改善によって変化してくる可能性はあります。

青汁に含まれる以下の成分は、後天的なアレルギー体質の改善を助けるとされています。

・カロテン

皮膚や粘膜を丈夫にする効果があります。

・亜鉛

免疫力を強化すると言われています。

・ビオチン

皮膚の炎症を鎮める効果があります。

・食物繊維

毒素を排出することで免疫力の向上が期待できます。

これら以外にも、青汁の原料としてメジャーなケールには、アレルギー抗体を減らす力があると言われます。また、ビタミンCによる強い抗酸化作用もアレルギー改善の一助となるでしょう。

アレルギー体質はすぐに変わるものではありません。青汁を毎日の食生活に取り入れて、少しずつ体質を変えていきましょう。

青汁を飲んで冷え性も改善?

冷え性の原因には色々ありますが、中でも体表的なのが血行不良。血液の循環は体温維持に重要な役割を果たしているので、血行が悪くなれば必然的に体温が下がる、つまり冷え性になるということ。
とくに手足の先の毛細血管がその影響を受けやすくなります。

そこで注目したいのが、青汁の成分。青汁には、血行改善にかかわる栄養成分が豊富に含まれています。代表的な成分は以下の通り。

・ビタミンC

毛細血管を強化する働きがあります

・ビタミンB1・B2

代謝を促進して熱を生み出します

・ビタミンE

血行を促進します

・ポリフェノール

毛細血管を広げて血行を促進します

・鉄分

血液の材料となります

青汁を食生活の一部に取り入れることで、徐々に冷え性が改善してきたという声は多く聞かれます。
ただし、継続的に飲むことが前提になります。冷え性の方は気長に青汁を飲み続けてみてくださいね。

口臭を予防したい人は青汁に注目!

青汁には、口臭予防・改善効果があるとされています。その根拠は2つ。クロロフィルの力と便秘解消効果です。

クロロフィルの力について

葉緑素の一種で、口臭を始めとした臭い全般を抑える強い働きがあります。口臭対策用のカプセルなどが多く市販されていますが、これらの中にもクロロフィルが配合されています。
青汁には緑黄色野菜の栄養素が凝縮されているため、クロロフィルも豊富に含まれています。

便秘解消効果について

あまり知られていない事実ですが、口臭の主たる原因の一つに便秘があります。便秘は口臭だけではなく、体臭全般を強くしてしまう原因となります。
青汁には緑黄色野菜に含まれる食物繊維が豊富に含まれており、便秘解消効果があるとして有名。便秘解消にともなう口臭改善効果が期待できます。

口臭にお悩みの方は、一度青汁を試してみてはいかがでしょうか。とくにクロロフィルの効果は、短期的にも効果があるのでオススメです。