めまいでフラフラする

鉄分不足によるめまい、貧血症状に女性に多い症状の一つ、貧血。その主な原因のひとつに鉄分不足があげられます。青汁に使用されている緑黄色野菜をはじめとした原料は、実は鉄分たっぷり。食事の補助として飲用することで鉄不足を補うことができます。このページでは、貧血症状を引き起こす原因と、青汁がもたらす良い効果について説明します。

貧血には青汁が良い?

青汁に豊富に含まれる鉄分は、貧血の改善、解消に効果的と言われています。
もしそれが本当ならば、女性にとってはかなりの朗報。なぜなら、女性の5人に1人は貧血と言われているからです。いつでも貧血症状になりうる「隠れ貧血」も含めると、女性の実に3人に1人が貧血と言われています。

女性が貧血になりやすい理由には、主に2つあります。
1つ目が月経。毎月多量の出血をするために、血液に含まれる鉄分が少なくなり、貧血症状を起こすというもの。
2つ目が食生活。とくに過度のダイエットや偏食によって、体内の鉄分が欠乏して貧血状態に至るというもの。

いずれの理由であったとしても、青汁を飲むだけで貧血症状の改善、解消につながるのであれば女性にはうれしい話です。噂の根拠を探ってみます。

なぜ貧血が起こるのか?

そもそも、なぜ貧血が起こるのかを少し具体的に見てみましょう。

私たちの血液には、酸素が含まれています。十分な酸素が体中をめぐっていれば貧血は起こりません。
ところが、なんらかの事情で酸素が不足してしまうことがあります。それがヘモグロビンの減少です。

ヘモグロビンとは、いわば酸素の運搬役。血液の中に存在して、酸素を全身に行き渡らせる役割を果たしています。これが減ってしまうことで、血液が酸欠状態となり、貧血を起こしてしまうのです。
ところで、ヘモグロビンの主成分は鉄。鉄が不足すると、ヘモグロビンの生産量が不足してしまいます。つまり、鉄不足が貧血の最大の犯人なのです。

鉄が不足して貧血を起こすことを、鉄欠乏性貧血と言います。女性に貧血が多いと説明しましたが、女性の貧血の実に9割は、この鉄欠乏性貧血と言われています。
鉄分を補給することこそが、女性の貧血を改善・解消するもっとも効果的な方法なのです。

青汁に含まれる豊富な鉄分

改めて女性の貧血の主な原因ですが、1つ目が月経、2つ目が食生活。月経は避けることができませんが、食生活は改善することができます。
ただ、貧血を改善するだけの鉄分を普段の食事から摂取することは、容易ではありません。そのため、貧血予防にはなんらかの補助食品を摂る必要があります。その補助食品として注目されているのが、青汁です。

青汁には、緑黄色野菜に含まれる栄養成分が凝縮されて詰まっています。その中には鉄分が豊富で、鉄分の吸収を良くするビタミン類なども豊富です。
鉄を単独で補給するだけでは、十分に体に吸収されません。他の成分の助けがあってこそ、鉄分が効率よく吸収されるのです。
その意味で青汁は、貧血予防のためには、非常に効率的な飲み物なのです。

青汁を毎日の習慣にして鉄分を十分に補給すれば、これまで何年も悩まされてきた貧血が解消するかも知れません。貧血にお悩みの方はぜひ一度お試しください。