アンチエイジングしたい

加齢を吹き飛ばす成分が豊富な青汁疲労回復のためにドリンクなどを飲んでいる人がいますが、それでは根本的な対策にはなりません。また、加齢に対抗するためスキンケアに熱心な人もいますが、それだけでは十分なアンチエイジングにはなりません。これらの根本的な解決のカギを握るのが、疲労回復成分や抗酸化成分が豊富な青汁です。

疲れている人は注目!青汁の疲労回復作用とは

青汁は疲労回復に良い、という声をよく聞きます。
とは言っても、疲労をかかえた会社員やOLさん、主婦の方々が、たまった疲労を回復させるために毎日青汁を飲んでいる、というわけではありません。青汁よりも、即効性のあるエナジードリンクなどを飲んでいる人もいます。

エナジードリンクは一時的な効果はあるものの、疲労の原因そのものを減らしているわけではありません。
ごまかしながら体に無理をさせていると、やがて慢性疲労の状態になり、病気の原因を作ってしまうこともあります。

青汁には、疲労を根本的に回復させる成分が豊富に含まれています。仕事や家事で体から疲れが抜けない人は、ぜひ注目したい食品です。

メカニズム解説!なぜ青汁で疲労回復が期待できるの?

青汁には、疲労回復に有効な成分が豊富に含まれています。ビタミンC、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12、ビタミンD…、などなど。

これらの栄養素は、単独で摂取しても、あまり意味はありません。
たとえば、ビタミンCは疲労回復に良いと言われていても、ビタミンCだけをたくさん摂っていれば疲労回復が期待できる、というわけではありません。栄養素は、単独で働くものではなく、他の栄養素との相互作用によって働くものだからです。ビタミンCを有効に働かせたければ、他の多くの種類の栄養素を同時に摂らなければなりません。
だからこそ、多くの栄養素が凝縮された青汁を飲むことが疲労回復に効果的というわけなのです。

青汁はアンチエイジングにも有効!

アンチエイジングで一般的に採られている方法はスキンケア。もちろんスキンケアははとても大事なのですが、体の内側のアンチエイジングも同時に進めないと、肌は徐々にむしばまれてしまいます。
そこで、体内の老化を抑える働きがあるとして注目されているのが、青汁なのです。

メカニズム解説!なぜ青汁でアンチエイジングが期待できるの?

青汁のアンチエイジング効果の理由は、その強い抗酸化作用。抗酸化作用とは、体の中の活性酸素を抑える働きのことです。

私たちが普段呼吸から取り入れた酸素は、体の中で一部が活性酸素に変化します。活性酸素は、体に侵入した外敵に攻撃を加えてくれる、大事な成分。でも、この活性酸素が体内に過剰になってしまうと、外敵だけではなく普通の細胞にまで攻撃を加えてしまいます。
この攻撃によって細胞がダメージを受けてしまうと、老化が進みます。体内の老化予防のため、体内のアンチエイジングのためには、過剰な活性酸素の抑制が必要なのです。

活性酸素を抑制するために必要な成分は、主にビタミンC、ビタミンA、ビタミンE、ポリフェノールなど。これらは野菜に多く含まれている成分ですが、抗酸化作用に十分な量の野菜を摂るのは不可能です。

そこで、これら成分が十分に含まれている青汁を摂ることが、アンチエイジングに有効と言われているのです。