お悩み別 青汁ライフのすすめ

あなたのお悩みに応える青汁の効果のヒミツを紹介します

「最近疲れやすくなった」「肌にハリがない」「お通じが良くない」などのお悩みはありませんか?それは食物繊維やビタミン、鉄分が不足しているのかもしれません。青汁には様々な効果のある栄養素がたっぷり含まれていますので、毎日の食事にプラスして飲み続けることで、からだの内側からお悩みを解消します。
このページでは、お悩み別に青汁がもたらす効果をご紹介。症状の原因や必要な栄養素から、青汁がなぜ良いのか?メカニズムを解説します。

こんなときこそ 青汁を飲もう!

年齢を感じる
エイジングと疲労を吹き飛ばす青汁の効果とは
アンチエイジングに効果が期待できる青汁。身体の内側の老化を抑える働きがあり、いま注目されている飲み物です。また青汁には、疲労回復に効くといわれるビタミンC、ビタミンB1などの栄養素が多く含まれているので、日々の疲れをすっきりさせたい!という人にもオススメできます。アンチエイジングと疲労回復に寄与する、青汁のメカニズムを紹介。

朝のトイレがスッキリしない
便秘解消の守護神・青汁の働きをリサーチ
食物繊維が豊富に含まれる青汁は、便秘の解消に大変役立ちます。たとえば1日に必要な食物繊維を全部野菜で摂ろうとすると、とても食べきれない量になりますが、青汁であれば飲むだけで簡単!しかも排出するだけでなく、腸のバランス整える効果も期待できます。もっとも効率よく、バランスよく便秘解消してくれるのが青汁なのです。

野菜不足が気になる
1日分の野菜を簡単に摂れる青汁
多くの現代人は、慢性的に野菜が足りていないといわれます。厚生労働省が定める「1日350g」の野菜を摂れない人があまりにも多いのです。そこで注目されるのが「青汁」。350gの野菜を1日で摂ろうとすると身体的にも家計的にも難しいため、諦めてしまいますが、青汁であれば誰でも簡単に、必要な栄養素を補うことができるのです。 

キレイになりたい
外側ではスキンケアを、内側では青汁を
最近、20~40代の女性の間で、美容目的としての青汁が注目されています。スキンケアをいくら念入りにしても、キレイになるのは肌の表面だけ。しかし、飲みやすさにも十分配慮されるようになった青汁は、肌の外側からだけでなく、内側からもキレイにする効果が期待できます。「外側ではスキンケアを、内側では青汁を」という方法が、最新の美肌の秘訣です。

ダイエットしたい
脂肪を燃焼しなくても痩せるワケ
「青汁ダイエット」には、脂肪を燃焼させる効果はありませんが、便秘とむくみが解消されることで、お腹のぽっこり感がなくなったり、見た目が細くなったりする効果が期待できます。もちろん青汁を飲むことは身体にも良いので、健康的に痩せたいという人にとくにおすすめ!脂肪燃焼を助ける食品もバランスよく摂りながら、「青汁ダイエット」を進めていくといいでしょう。

健康診断の数値が気になる
高血圧と高血糖の救世主
健康診断の結果の中でも、とくに要チェックといわれる高血圧・高血糖。放っておくと脳卒中や心筋梗塞など血管系の病気につながるので注意が必要ですが、青汁には、これらの数値を抑える効果が期待できます。とくに運動不足や食生活が乱れていると感じる人にとって、飲むだけでいい青汁は強い味方。具体的な対策をとる一助として、青汁はとても有効です。

ふらふらする
鉄分補給の強力なサポーター
いつでも貧血症状になる「隠れ貧血」を含めると、女性の3人に1人が貧血だと言われています。原因は鉄分不足。この鉄分を補給することが、女性の貧血を改善・解消するもっとも効果的な方法なのですが、鉄そのものを補給するだけでは、十分に身体に吸収されません。鉄分の他に必要な成分を含む青汁は、貧血を予防するために、とても効率的な飲み物といえるでしょう。

その他の体質トラブル
アレルギー・冷え性・口臭の対策に青汁を
後天的なアレルギーの場合、青汁で症状が改善されることがあります。カロテンや亜鉛、食物繊維などの成分が有効に働くためです。もちろん、体質はすぐに変わるものではないので、青汁を毎日の生活に取り入れていく必要がありますが、改善の一助となってくれるでしょう。同じように冷え性や口臭の対策としても、青汁は効果が期待されています。

糖尿病を予防したい
血糖値を下げるのに青汁が役立つ
今や日本人の6人に1人が糖尿病になるといわれています。主に糖質の摂りすぎが原因ですが、悪化すると他の生活習慣病や合併症を引き起こす恐れも。青汁には、そんな糖尿病を予防する効果が期待されています。青汁が血糖値を下げ、糖の吸収を穏やかにするため高血糖を改善。また、糖質も少なく血糖を上げることがないので、手軽にできる糖尿病対策といえるでしょう。